ゼニス、革新への挑戦

ゼニス、革新への挑戦  Episode 5「ゼニスの革新性を象徴する“デファイ”コレクション」

下へ

機械式時計の革新に挑み続けるゼニスは今年、時計精度の頂点に至る大発明を成し遂げた。
それが搭載されるのは新作の「デファイ インベンター」。
シリコン技術と、ゼニスが得意としてきたハイビートで、機械式時計の歴史を塗り変える。


このコンテンツは2019年10月に公開されました

機械式時計340年の歴史を塗り替える大発明

ハイビートとシリコン技術でゼニスは機械式時計を革新する

ゼニスというブランド名は「天空の頂」を意味する。1865年の創業以来、時計精度の頂点を目指し、常に革新の歩を進めてきた。1969年に誕生した世界初の一体型自動巻きクロノグラフにして毎秒10振動のハイビートムーブメント「エル・プリメロ」が、その代表だ。

近年ではハイビート技術をさらに進化させ、最先端のシリコン技術にも取り組む。外装においてもフルオープンダイヤルといった斬新なデザインを提示し、セラミックやチタンなどの新素材にも挑んでいる。

今年の新作「デファイ インベンター」は、そんなゼニスの革新性と先進性を象徴する。ガリレオ・ガリレイの「振り子の等時性」の発見により、人類は時をカウントする術(すべ)を得た。1675年にはクリスチャン・ホイヘンスが、振り子の動きに準じてゼンマイの巻き戻りを制御する脱進機を発明した。以来、機械式時計の基本原理は変わっていない。

ゼニスは、この340年以上変わらぬ仕組みをシリコン技術とハイビートで革新してみせたのだ。

一体成型のオシレーターが時計精度の常識を覆す

最近のゼニスらしいデザインである大胆なフルオープンのダイヤルの下に、世界初の発明「オシレーター(振動子)」が潜む。その大きさはダイヤル開口部とほぼ同じ。かなり巨大だ。形状も極めて複雑。この大きさと形を、高度なシリコン技術を駆使して一体で成型する。

オシレーターは振動子と訳されるように、それ自体が振動して時を正確にカウントし、ゼンマイの巻き戻りまでも制御する。機械式時計の調速・脱進の主な機能を全て1つで担っているのだ。

下のムービーや右の写真をクリック&ホールドして見ると、オシレーターは目では追えぬほど高速に振動していることが分かる。その周期は18Hz=毎秒36振動という、かつてない超ハイビートを刻んでいる。これは1秒間を36等分してカウントしていることを意味する。既存の機械式ムーブメントで最も多用される振動数は4Hz(毎秒8振動)。オシレーターは一般的な機械式ムーブメントの4.5倍ほど詳細に1秒間を計っていることになる。結果として、従来の機械式時計の常識を覆すような高精度が達成されている。

18Hzの超ハイビートで機械式時計の精度を革新する

シリコン技術が実現する調速・脱進装置の理想形

巨大なオシレーターが18Hzの超ハイビートを刻めるのは軽量なシリコン製だから。ちょうど50年前、毎秒10振動のハイビートでクロノグラフを革新したゼニスは、さらなる高速振動とシリコン技術で時計精度を革新した。

複雑な形状も、金属よりもはるかに精密な成型ができるシリコンだからこそ実現できた。このオシレーターの振動で、6時位置に姿を見せる歯車(ガンギ車)の動きは制御され、秒針は滑らかに回転して正確に時を進める。このガンギ車もシリコン製で、一般的な形状とは全く異なり、中央から26本のビームが放射状に延びる特殊な形状が与えられている。オシレーターの超高速振動による衝撃を吸収するためだ。

軽量で超高速振動するオシレーターは重力の影響を受けづらく、時計精度をさらに高め、耐衝撃性にも優れる。ガンギ車も含めてシリコン製なので磁気にも強い。熱膨張もせず、耐熱性能にも秀でる。

ゼニスはオシレーターによって機械式時計の調速・脱進装置としての理想を実現した。

超軽量な外装素材に革新性を秘める

機械式時計の概念を覆す大発明をのぞかせるフルオープンダイヤルを形作るブルーのグリッド状のプレートは、オシレーターを支えるブリッジの役割を兼ねている。それを取り囲むベゼルは、今までにない不思議な質感を浮かべる。

その正体は、時計界ではゼニスが初めて用いた新素材アエロナイトだ。アルミニウムを主原料とし、特殊ポリマーを混ぜて高温焼成することで多孔質の独特な質感は生まれる。この多孔構造により、比重が極めて小さくもなる。超ハイビートなオシレーターの革新性は超軽量なアエロナイトで取り囲むことでいっそう強調された。

メインのケースの素材も、軽量なチタンを使用。粘りが強く、それゆえ加工が難しいチタンで、ゼニスはファセットカットを多用したデファイならではの複雑なフォルムをかなえてみせた。極めて軽快な着け心地に、機械式時計340年の歴史を変える発明が実感できる。

素材に凝るクロノグラフとクラシック

軽く強じんな素材に身を包む100分の1秒クロノグラフ

デファイ コレクションが誕生したのは2017年のことだった。最初に登場したのは毎秒10振動の時刻表示用と、毎秒100振動のクロノグラフ用の、2つのメカニズムを一体化した「デファイ エル・プリメロ21」(詳細は『Episode1 優れたDNAが進化、3つのデファイへ』を参照)。この革新的な構造により、100分の1秒単位の計測が実現された。以来、デファイ コレクションは、ゼニスによる21世紀の革新を象徴する存在となった。

そんな100分の1秒クロノグラフの新作は外装素材に凝っている。マーブル調の模様が浮かぶ漆黒のケースはフォージドカーボン製。航空機やレーシングカーなどに使われる新素材だ。フォージドとは鍛造の意。カーボン繊維を型の中にランダムに超高圧で押し込み、熱を加えて固めることで、高い強度と全方向に対する優れた耐衝撃性が得られる。軽量で強じんなぶん、加工は困難だが、デファイを特徴づける立体的なフォルムが見事に再現された。ゼニスは外装素材の加工技術でも、時計界をリードする。

フォージドカーボン製ケースに浮かぶマーブル模様には実は同じものが1つとしてない。クロノグラフを作動させると、中央のクロノグラフ秒針が1周1秒という高速回転をはじめる。デファイ エル・プリメロ21 カーボンの詳細はこちら >>

軽さと重厚さを併せ持つ異素材の組み合わせ

デファイ コレクションを多彩にする第2のシリーズとして2018年に誕生したのが「デファイ クラシック」(詳細は『Episode2 革新を内に秘めた3針モデル、デファイ クラシック登場』を参照)だった。フルオープンダイヤルの外観はアバンギャルドでありながら“クラシック”と名付けられた。それは、機構がベーシックな3針自動巻きだったからだ。

搭載するのはゼニスが誇る、もう1つの自社製ムーブメントである、薄型の自動巻きキャリバー「エリート」。薄くても多様な機構が追加できる余力も備える高性能機もシリコン技術で進化させた。脱進機をシリコン製として軽量化を実現。効率性と精度、さらに耐磁性をより高めたのだ。

今年はその新型エリートを、チタンとローズゴールドとのバイカラーの外装に搭載。軽量な新素材と重厚な貴金属の組み合わせは時計界では希少。チタンのくすんだ銀色が、ゴールドの輝きを引き立てる。チタンの加工技術にも秀でるゼニスは、その魅力を引き出す術(すべ)を心得る。

ダイヤルを成す星型グリッドは黒、その下に見えるムーブメントはダークグレーとし、チタンの色と調和させた。そこに置く針とインデックスは、ベゼルと同じローズゴールドに。バイカラーのデファイ クラシック。詳細はこちら >>

LINE UP

デファイ インベンター

「デファイ インベンター」 自動巻き。チタン+アエロナイトケース。径44mm。アリゲーター+ラバーストラップ。204万円

自動巻き。
チタン+アエロナイトケース。
径44mm。
アリゲーター+ラバーストラップ。
204万円

商品の詳細はこちら

デファイ エル・プリメロ21 カーボン

「デファイ エル・プリメロ21 カーボン」 自動巻き。カーボンケース。径44mm。ラバーストラップ。200万円

自動巻き。
カーボンケース。
径44mm。
ラバーストラップ。
200万円

商品の詳細はこちら

デファイ クラシック

「デファイ クラシック」 自動巻き。チタン+18KRGケース。径41mm。アリゲーター+ラバーストラップ。106万円

自動巻き。
チタン+18KRGケース。
径41mm。
アリゲーター+ラバーストラップ。
106万円

商品の詳細はこちら

価格は全て税別です。

STORE LOCATION

ゼニスの時計は以下の直営店、正規取扱店でお求めいただけます。

ゼニスブティックは5月6日まで臨時休業となっております。
お問い合わせはこちらのフォームからお願いいたします。
5月7日以降の営業状況も来店前にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ゼニス ポップアップブティック銀座。期間限定で、銀座中央通りにオープン

ゼニス ポップアップブティック銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座5-8-17 Ginza Plaza58
TEL:03-3575-5861
営業時間:11:30 - 20:00(月 - 土曜日)、10:30 - 19:00(日曜日)

店内写真

ポップアップブティック銀座では、デファイ エル・プリメロ 21など、エル・プリメロ搭載モデルのほか、ゼニスの多彩なコレクションを実際に手にとって確認できる。知識と経験を積んだスタッフのサービスを受けながら、自分に最適な1本を選ぶことが可能だ

詳細はこちら

大阪店

〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目13?25
06-6245-1865

詳細はこちら

大丸東京店10階ゼニスショップ

〒100-6701
東京都千代田区丸の内1丁目9?1
03-6895-2644

詳細はこちら

INDEX ゼニス、革新への挑戦

  • [Episode 6] クロノグラフを革新するエル・プリメロ50年の歴史
  • [Episode 5] ゼニスの革新性を象徴する“デファイ”コレクション
  • [Episode 4] 新ポップアップ ブティックで祝すエル・プリメロ誕生50周年
  • [Episode 3] 21世紀の機械式時計、デファイの伝統と革新
  • [Episode 2] 革新を内に秘めた3針モデル、デファイクラシックが登場
  • [Episode 1] 優れたDNAが進化、3つのデファイへ

【お問い合わせ】
LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス ☎03-3575-5861

ページトップへ