野坊戸薫
専門学校卒業後、リラクゼーショントレーナーとして勤務。関東で一番の売り上げの店舗に育て、スポーツインストラクターとして某スポーツ店に勤務。その後、2001年に誠輪物流に入社。現場を一から経験し、2017年、代表取締役社長に就任。
http://www.seiwa-logi.com/

INTERVIEW

人生で迷いがある時期には、必ずターニングポイントとなる出来事が起こります。いい選択をするためには、その出来事をマイナスに捉えずに、前向きに乗り越えることが大切です。マイナスなことを考える時間とエネルギーは、どうしたら突き進むことができるかを考えることに使ったほうがいいですね。「不平・不満・誹謗中傷」からは、何も生まれないのですから。

チームワークを学んだ若年期

野坊戸薫

誠輪物流は、埼玉県鶴ヶ島市に本社を置く運送会社です。私の父がトラック3台で創業し、一代でここまで大きく育てました。2年半前に父が急逝し、私は2代目として後を継ぎ今に至ります。当社の強みは、現場の雰囲気やドライバー同士の仲が良いこと。社員の定着率も高く、一度辞めた社員が戻ってくるほどです。働き方に関しても、稼ぎたい社員は沢山働けるように、家事などとの両立がある社員は決まった時間内で働けるようにするなど、それぞれの意向に沿えるよう努めています。

私は幼少期から活発で、小学校から高校までソフトボールに打ち込んでいました。365日部活三昧で、遠征で日本全国を駆け回っていました。その経験を通して学んだチームワークが、今の私の基盤になっています。団体競技は一人で頑張っても結果に結びつきませんから、協力すること、失敗してもフォローし合うこと、チーム内の人間関係など、自分以外の誰かのことを考える良い勉強でしたね。高校卒業後は、スポーツ専門学校に進んでトレーナーやインストラクターの勉強をしました。社会人になってからは、リラクゼーショントレーナー、スポーツショップで販売員、海の近くでシーズンバイトなど、幅広い仕事を経験しました。

しばらくして、父からの声かけもあり、アルバイトとして誠輪物流で働き始めました。倉庫作業、事務作業、配車など、社内の色々な作業に携わりました。社員になってからは、分厚い地図をボロボロにしながら自らトラックに乗って、現場のすべての業務を経験しました。あの頃は「社長の娘、お嬢」と言われるのが嫌で、毎日必死でした。頑張りすぎて救急車で運ばれたこともありましたね。自分で経験しないとドライバーや関わる人の気持ちが分からないし、自分の言葉で話せないことも多いので、今となっては良い経験だったと感じています。当時は周りの社員にも助けられ、ここでもチームワークの大切さを学びました。そんなこんなで充実した日々を送っていたのですが、心のどこかで「やっぱり自分の道を生きたい」と迷いが生じていました。その思いを伝えようとした矢先、突然父が倒れたのです。

  • 野坊戸薫
  • 野坊戸薫

父の死と仲間がくれた、2代目社長としての覚悟

父が亡くなった途端、不思議とこれまでの迷いや「社長はやりたくない」という思いがスーッと消えていきました。「絶対に私がやる。何がなんでも、必ず誠輪物流と社員を守る」と、会社を継ぐ決意をしたのです。今振り返ると何の根拠もない自信でしたが、現場で頑張ってくれている仲間がいると思うと、どんなことがあっても、家に帰れない日が続いても、踏ん張ることができました。一歩一歩正直に進んできたおかげで、少しずつ良い風が吹いてきていると感じています。父は、通常の2倍と言われるスピードで会社を成長させて、周りをしっかり固めてくれました。私の代では、父ができなかった組織改革や働きやすい環境づくりに力を入れていきたいと考えています。

皆さんは、トラックドライバーにどのようなイメージを持っていますか? これからどんなに世の中が便利になっても、IT化が進んでも、物流がないと生活はできません。だから私は、「私たちは第一線の仕事をしているんだ、胸を張れる仕事をしているんだ」ということを日々社員に伝えています。これからも、社員はもちろん、社員の家族も胸を張れるような会社にしていきたいですね。一方、色んな業種を経験してきた私だからこそ生み出せるアイデアを形にしていきたいと考えています。例えば、これまで世の中に無かったトラックを走らせたいと、水玉模様のトラックをつくりました。だいぶ目立っているようで「何あれ?」「インスタ映え!」など、うれしい声が届いています。これからもっと自社のことを発信して「鶴ヶ島に誠輪物流あり」と言われるような、存在感のある会社を目指していきます。若手が勉強できるような運送の専門学校をつくりたいとも考えているんですよ。

今の私は、やりたいことが明確にあるので、気持ちに一切ぶれがありません。「私がやらないと会社が潰れる。だから、突き進むためにはどうしたら良いか」それだけを考えています。マイナスなことばかりを考えていると、人も運気もマイナスなものが集まりますし、そこからは何も生まれないので時間がもったいない。その分、突き進むためにはどうしたら良いかを考えるほうが、無駄なエネルギーを使わなくて済むから楽です。言葉と行動が一致すれば、人は必ずついてきます。まずはたくさん悩んで、行動してみることですね。

ページの先頭へ