中村真也
1991年に大阪府に生まれる。新卒で聖路加国際病院に入社し、3年間勤務。24歳で独立を決意し、訪問看護ステーションを開業。現在では3施設まで拡大している。
https://bright-life.biz/

INTERVIEW

ブライトライフは、千葉県、埼玉県を拠点とした訪問看護ステーションを運営しています。看護師が自宅へ訪問することで、患者様が在宅で安心した療養生活を送ることを実現しています。社名に込めた意味は「輝かしい生涯を」。患者様が家にいながらにして、体の観察や生活支援、医療的処置の管理を受けることができる安心や心地よさから、QOL(生活の質)を高めていただくことを理念としています。若いスタッフの多いエネルギッシュなチーム力を生かし、訪問看護の業界に新しい風を吹き込むことができるよう挑戦を続けています。

納得のいく看護のカタチを作りたい

中村真也

幼い頃から、両親が事業を行っていたので、会社を経営するということには漠然とした憧れを持っていました。しかし、その事業がうまくいかなくなり、何か別の仕事をしなければならない局面にさらされた時、手に職を持ってさえいれば困ることはないということを両親の姿を見て実感し、仕事に直結する資格を求めて看護師を目指すようになりました。看護師という仕事そのものに、特別な憧れがあったわけではなく始めた勉強でしたが、何かしらのエビデンス(実証)に従って必ず答えがあるものを勉強することの楽しさに没頭していき、学生時代は食べることと寝ること以外は勉強をしていたような記憶があります。
起業しようと思ったきっかけは、まったく違う2つの施設を見た経験からでした。1つ目は学生時代のアルバイトで訪れた老人保健施設。80人の入居者を1人のスタッフが見るという過酷な状況で、入居者がトイレに行く時間も定められており、間に合わなければオムツで用を足すしかない状況でした。入居者の中には、家に帰ることを切望する方も多くいらっしゃいました。当時は、初めて関わった施設でしたので、「施設で働く」ということはこういうことなのかと感じ取っていました。社会人になり、別の施設を目にした時、以前目にした施設とのギャップに驚きました。そこは全室個室であり、1対1の体制で看護に当たることのできる環境が整っていたのです。施設と一口に言っても、経営方法でこんなにも違う状況があるということを目の当たりにし「自分の納得のいく形で看護を行い、患者様の幸せを作りたい」という思いを抱いたことが起業のきっかけでした。
起業をしたのは、看護師として4年目の頃。まだまだ看護師としての経験も未熟な時期でした。いざ起業をしてみると、踏んできた経験にはそれなりに自信があったものの、どんなに勉強をしてきても教科書の中の理論だけでは通用しないと感じることの連続でした。現場で起こることの多様さや難しさに直面しました。訪問看護自体は、看護師が1人で患者様のところにいくことが多いので、チーム内でのコミュニケーションが行われなければ、情報が共有されません。患者様の環境を良くするためには、チームで情報を共有し、共に事業を良い形に作り上げていくことが大切だと感じ、チーム力という土台を作ることの大切さにも気づかされました。

  • 中村真也
  • 中村真也

若きチーム力で新しい看護を創造する

今では、社員同士がフラットに会話をすることができ、なんでも言い合える環境にあると思っています。しかし、初めからそうはいきませんでした。起業して半年の頃、社員全員から退職届をもらってしまうという出来事が起きました。原因は、私の従業員に対するコミュニケーション不足。私自身も現場に出ていますので、社員と触れ合う時間も少なく、社員が言いたいことがあっても吐き出せる環境がありませんでした。患者様の情報は共有されず、私の管理者としての情報提供がおろそかになることで、社員からの信頼を失っていました。退職届を提出された時、改めてチームがあるからこそ、会社があるのだということを実感し、改善に努めることを心に誓いました。
「本音の対話なくして、最高のチーム無し」という言葉を軸に、SNSなども活用しながら、事務所にいる時間が少ない中でも対話の機会を増やし、信頼を構築していきました。対話を強化することで、事業を作り上げていくことにもつながりますが、それに加えて社員同士の信頼が増し、楽しく仕事に向き合ってくれるようになりました。私たちは患者様と常に向き合って仕事をしています。こちら側が笑顔で明るい気持ちでいることは、患者様にとっても心地いいことです。
チームとしての絆が生まれた今「患者様に還元できることは何か」と常に新しい分野を模索しながら、新しい事業へのチャレンジも積極的に行っています。
私がこの業界に違和感を感じているのは、看護の質と結果のバランスです。患者様のケアを一生懸命行って、患者様の体調が良くなった場合、看護が必要なくなればもちろん大きな喜びですが、経営としてはお客様が減るわけなので喜ばしくないことにもなりうるわけです。となれば、懸命な看護が行われない施設も出てくる可能性があるということは業界のジレンマだと感じています。
そこを解決するには、施設が選ばれる対象であることによる競争も必要なのではないかと考えています。現在は患者様の意思で看護師や施設を選ぶことはなく、病院やケアマネージャーが選択をする場合がほとんどです。我々が患者様から指名をされる仕組みになることは、ある種の競争がそこに生まれ、看護の質の向上に寄与すると考えています。
まだまだ挑戦し始めたことばかりではありますが、患者様の暮らしがより豊かなものになるために、私たちが貢献できることを、熱意を持って模索していきたいと考えています。

ページの先頭へ