仲垣友博
1976年生まれ、福井県出身。大学中退後、靴メーカーで働く中でデザインとレザークラフトに開眼。2006年、オーダーメイドの靴や鞄、革小物を製作する工房「ameno spazio」を設立。09年、株式会社ユハクに改名。グラデーションを用いて絵を描くように染色する手法が特徴。海や夕陽などの自然の風景のように移り変わる色を手染めで表現する。
https://www.yuhaku.jp/

INTERVIEW

駆け出しの頃、ある職人さんと話す機会がありました。「食べていける職人の条件が分かるか」と聞かれたので、「腕がいい職人でしょう」と答えると、「違うよ。腕がいいだけでは食べていけない。銭勘定ができないと職人とは呼べない。職人は作家とは違うから、そこを履き違えてはいけない」と忠告されました。このことは今も肝に銘じています。
私たちが作るのは作品ではなく商品であって、ビジネスマインドを持たないと、やりたいこともできません。自分たちのしたいものづくりをするためにも、まずは稼ぎを生み出さないといけないということを社員たちにも伝えています。

絵もデザインも革製品もすべて独学で

仲垣友博

大学で建築を学んでいましたが、建築よりもアートにひかれて大学を辞めてしまいました。自活しながら絵描きを目指そうと思って働き始めたのは靴のメーカー。上司に「絵を描けるならデザインをしてみれば」と言われたのがきっかけで、デザインをするようになり、商品企画にも携わるようになりました。ある時革屋さんを訪ねて、加工する前の革に触れさせてもらって、自分でも革を使って何か作ってみたいと思ったんです。そこからレザークラフトに傾倒して、何のツテもないのに無謀にも独立しようと思い立ちました。
起業するというよりは、アーティストとして独り立ちするイメージでした。ところが独立して気がついたのですが、自分が求めるクオリティーのものが自分では思うように作れないのです。絵もデザインも革製品も今まで誰にも教わることなくやってきましたが、独学の限界を感じた瞬間でした。私に向いているのはデザインで、デザインに専念するためには製品を作ってくれる職人を育成しなければいけません。そこから、会社の形態にして社員を雇い始めました。最初に入社した職人はどこかの工房で修行を積んだわけでもなく趣味で教室に通っていた程度でしたが、今でも残ってくれています。私が育てたというよりは、手探りで一緒に技術を作り上げていったような感覚です。
社員が増える度に、今まで自分の感覚でやってきたことをどのように伝えればいいのか、頭を抱えました。特に手染めの工程は私が編み出したので「これが正解」というものがないのです。分からなければその都度、応用力でカバーしてほしいと思いましたが、それでは職人が育ちません。そこで、ユハクのベースになる染色ひとつひとつをマニュアル化していくことにしました。

  • 仲垣友博
  • 仲垣友博

マニュアル化によって生じた新たな課題

染料の種類や調合の方法、グラデーションの作り方など、今まで私が感覚や経験値でカバーしてきたこともできるだけ言語化しマニュアルにしていきました。たとえば「細かく円を描くように手を動かせば綺麗なぼかしになる」「完成形を想像して染めていくことが大事」という具合です。また、染色に終わりはなく1枚と向き合い続ければきりがないので、染色にかける時間の目安も設けました。
マニュアル化したことで製品のクオリティーも生産性も格段に上がりました。しかし、革は生き物なので1枚1枚が別物。同じように染めても同じ反応はしないのです。私は新しい反応に出会うたびにどう対処すればいいか試行錯誤しながら経験値を積み重ねてきましたが、マニュアルに頼りすぎるとその応用力が養われないことにも気がつきました。
今は、社員たちが自分たちで考える力をつけるための研究の時間を設けています。たとえば、お題の写真を見てお客様のご要望を想像し、それを革に投影するような練習です。職人にとって技術の向上はもちろん大切なことですが、何よりお客様が求めていることを感じ取る力を養っていきたいですね。この力はすべてにつながっていきます。

うちに来てくれている社員たちはみんな自分でものづくりがしたいという思いを持っているので、マニュアルを与えるだけにはしたくないんです。私も、自分のやりたいことをやるために独立したので、社員たちにも自分で想像し形にしていく喜びを与えてあげたいですね。ユハクというコンテンツを使って一人ひとりが表現する場を作っていきたいです。
今はユハクという会社に頼っている状態かもしれないけど、いずれ会社が職人に頼っている構図になっていくのが理想ですね。「この人がいないと会社が回らない」と思われるぐらいの能力を全員に身に着けてほしいと思っています。その能力は生きがいにもなるし、安心して働ける環境にもなるはずです。この先、AIに奪われる仕事がたくさんあるかもしれません。そんな世の中を生き抜くために必要なのは「求められる人間」になることです。

ページの先頭へ