小島一茂
1968年、埼玉県三郷市生まれ。東京都港区在住。幼少期から父に野球の教育を受け、帝京高校時代には甲子園に2度出場。大学卒業後の91年、フジサンケイグループの不動産建設会社に入社。同年オーストラリアゴールドコーストで行われた、RBA日本不動産野球連盟、第3回日豪親善野球大会に日本代表として出場、最優秀選手(MVP)を受賞。98年に退職後、父が経営するコジマに入社。2004年に代表取締役社長に就任し、事業の組織化、多角化に尽力する。不動産コンサルタント。
http://cpg-kojima.co.jp/

INTERVIEW

当社は1971年に看板屋として創業し、先代から50年以上にわたる歴史を積み重ねてきました。現在は看板業のみならず、内装や外装施工の建築や不動産コンサルタントなど、多岐にわたる事業を展開しています。これまで世の中のニーズに幅広く応えることができたのも、「お客様ファースト」といった商売人の基本を大切にしながら、実行できたからこそ。若い方々も基本を大切にし「challenge for change」時代の変革への挑戦を続けてほしいと思います。

お客様ファーストを実現する経営指針

小島一茂

先代である父は長嶋茂雄(東京読売巨人軍終身名誉監督)のファンで、私の名前もその影響で名付けられました。1歳8か月から野球経験者で、少年野球(三郷ヤンガース)の監督であった父から野球の教育を受けました。高校野球は名門帝京高校野球部に入部し、甲子園には2度出場(1.準優勝)をしました。私が指導を受けた前田監督は甲子園通算51勝のレジェンド、その教えは現在経営者となった今でも大きな影響を受けています。特別な仕事をしている訳ではない当社では数年前から「スピード」というスローガンを掲げ、全社的にいつも「スピード」を意識して業務を行なっております。お客様からの依頼に対して迅速な業務の在り方については、野球というスポーツを通じて教わった「動作機敏」という精神が根付いているからなのかもしれません。

しかし、野球一筋の青春時代を駆け抜けた私に、突如として転機が訪れました。大学1年の冬、母が卵巣がん3期で慈恵医科大学病院において、10時間に及ぶ大手術を受けることになったのです。それから10年の闘病生活を経て母と死別しましたが、「いつか家業を継いでほしい」と願っていた母の思いが順調であったサラリーマン生活から新たな道へ進むきっかけとなったのです。

とはいえ当時は、バブル崩壊後経済が低迷する時期です。私はフジサンケイグループの一員として普通のサラリーマンをしていましたが、社会は困窮の時代へと突入していました。一方で父の会社は、創業時から続けていた看板業を主要事業に据えており、変革の時代このままではいけないと感じました。だからこそ私は、「今の会社で私の代わりはいるけども、父の会社の父の代わりは私しかいない」と家業を継ぐ決意をし、「何か新しいことに挑戦しなければいけない」「改革が必要だ」と強く思いました。

  • 小島一茂
  • 小島一茂

社員が幸せに働くための環境づくり

父の会社に入社後8年が経った時に父から打診を受け、代表取締役社長に就任しました。まだまだ不安と期待の背中合わせではありましたが、「とにかく当たり前のことを当たり前にやっていく」「商売人としての基本に忠実な経営をしていこう」。そんな思いで2代目経営者としての一歩を踏み出したのです。
まずは財務体質をしっかり整え、それから営業に拍車をかけていきました。そしてサラリーマン時代の経験を生かし、不動産業や建設業にも着手し始めました。どの事業を行うにしても大切にしてきたことは、何よりも「お客様ファースト」であること。お客様のご要望や事業課題と向き合い、その本質を捉えた課題解決策を提案。誠心誠意安くて早くて安全なサービスを徹底していく。そうした素直に誠実な基本姿勢と時代に適合した挑戦が功を奏し、より多角的な経営体制を築くことができたのだと思っています。現在、国を挙げて働き方改革が推進されていく中、時間外労働による業務効率の低下も叫ばれています。先進国では、ほぼ時間外労働はなく仕事が終われば家族との時間、自分の時間を大切にしています。当社では、社員一人ひとりが「時は平等」を意識し、自発的に時間外労働を減らしています。何より働く人間が幸せでなければ業績はついてきませんし、お客様との信頼関係も社員が幸せに働ける環境づくりがあってこそ。そのためにも無駄な会議を減らすなどの取り組みを続け、社員とのコミュニケーションも適度に増やし、時には自らが現場に出てアンテナを張り続けることも大事だと考えています。それが最終的には業務効率の向上につながり、お客様ファーストを実現していくのだと思うからです。

我々が企業として存続していく以上、社員を幸せにし、お客様に喜んでいただき、社会や地域に貢献できる企業でなければいけません。そして今後も、これまで培ったノウハウやネットワークを駆使しながら、世の中のニーズに幅広く応えていきたいと思っています。だからこそ、我々が何を求められているのかという基本を忘れず、当たり前のことを当たり前に行っていくことが大切なのではないでしょうか。
私自身もこれまでの道のりの中で、つい忘れてしまいがちな基本に立ち返るからこそ、新しい挑戦に向かうことができました。当社の事業がさらに拡大を続けていくためにも、その指針を忘れずにまい進していきたいですね。

ページの先頭へ