3分でわかる「エイトレッド」!

Page 1 | Page 2 | Page 3

(3)そもそも「ワークフロー」って何?

 ワークフローシステムとは、業務に必要な申請、承認、決裁といった手続き(ワークフロー)を電子化するもの。業務負担を減らし、業務の効率化を図るためのシステムです。「働き方改革」の実現になくてはならないものといえるでしょう。

書類を電子化するメリット

(4)エイトレッドの「3つの強み」

 では、投資家目線から見たエイトレッドの魅力はどこにあるのでしょうか。それは同社ならではの「3つの強み」にあります。

POINT1 安定した収益構造のストックビジネス

 一般的にIT関連企業の業績は景気に左右されやすい傾向があります。ところが、エイトレッドは売り上げの58%をクラウドサービスとサポートが占めています。しかも解約率も極めて低く、会社・業務上の根幹的なシステムであることから解約されにくい性質を持ちます。景気に左右されにくく、長期間安定した収益が得られる会社といえます。

売上構成比

景気に左右されにくく、長期的な安定した収益が得られます。

POINT2 充実した販売体制&サポート体制

 解約率が低い背景には、ユーザーの声を製品開発に生かしていることに加え、パートナー企業とタッグを組んだ、全国津々浦々まで広がる充実した販売網とサポート体制があります。なお、パートナー企業には、リコーやSCSK、日立システムズなど信頼の置ける大手企業が名前を連ねています。

販売体制 販売体制

POINT3 2,500社の導入実績

 業種業態を問わず、幅広い組織や用途で利用できるため、導入企業は2,500社超。そこから得られる意見を製品開発に生かしていることも、低解約率につながっているようです。

導入企業

Page1Page2Page3