ポストコロナと企業版ふるさと納税を活用した地域の未来

建築家の隈研吾氏は、北海道東川町の魅力にほれ込み、事務所のサテライトオフィスをつくり、本格的なテレワークを行う。そして家具のコンペ開催など様々な活動を開始する。企業、国、自治体の視点からポストコロナにおける新たな地方創生の可能性を議論した。

新型コロナウイルスの影響

フォト:隈 研吾氏

隈 研吾氏 建築家

横田新型コロナウイルスによって様々な影響があった。生活が一変し、働き方が大きく変化した。現状をどう捉えているかお伺いしたい。

今は歴史の折り返し点だ。いままでの歴史は都市へすべてのものが集中する一方通行の流れで、結果として超高層ビルが建つ都市になった。しかし今回この状態が人間にとっていかに不自然だったかを気付かせてくれた。ここで、どのように折り返すことができるかが、これからの社会を決めていく。

横田地方はどのような影響を受けているか。

林﨑地域産業、雇用などの点で大きなダメージを受けた。かたや、いままでどれだけ旗を振っても難しかったテレワークは進んだ。東京圏で約半数、地方も含めた全国では3割超の方が経験した。新型コロナウイルスの影響がなければこのようなことは起きなかっただろう。テレワーク経験者の中には、東京に住まなくても良いという価値観をもつ人が現れ、地方移住に興味のある人が増えた。

横田東川町での影響はどうか。

松岡東川町は農業、観光、木工クラフト業の町。観光、木工クラフト業は大きな影響を受けた。かたやテレワークが注目された。旭川空港から車で10分の場所にあり、過疎でも過密でもない「適疎」な場所である東川は、テレワークをするには最高の地ではないか。

新しい形の地方創生

横田東川町において新しいプロジェクトを実施するとのことだが、そのきっかけは何か。

街歩きのできる「適疎」の町が空港のすぐそばにあり、大雪山から湧き出る水資源や大自然などこれ以上未来を感じる場所はないと思っていたが、新型コロナウイルスの影響において更に最適だとの想いを強めた。

東川町にまず自分たちの事務所をつくり、他社の方のニーズもありそうなのでサテライトオフィスビレッジを検討している。また、木工家具の産地として有名だが、人材やデザインなどすばらしいリソースがある。これを活用して発信していきたい。

フォト:林﨑 理氏

林﨑 理氏 
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局地方創生総括官

松岡隈氏の作品や世界の木工作品などを展示するデザインミュージアムを構想している。この取り組みに企業版ふるさと納税を活用できればと考えて期待している。デザインミュージアムは北海道、そして日本の最高の魅力になり、情報を世界に発信していきたい。

横田企業版ふるさと納税の趣旨と活用への期待をお願いしたい。

林﨑企業版ふるさと納税は、志のある企業が地方創生を応援する税制として平成28年度にスタートした。制度をより活用してもらうために、令和2年度の税制改正において、税制上のメリットを最大約9割まで拡大し、手続きを簡素化した。加えて昨年10月には企業版ふるさと納税(人材派遣型)をつくり、企業から寄付に加えて人材を派遣してもらう取り組みを進めようとしている。企業にとっては人材育成、自治体にとってはお金とノウハウをもった人材を派遣してもらうというお互いにメリットのある制度だ。是非活用していただきたい。

テレワークの未来

横田テレワークの未来はどうか。

箱の中に人を詰め込めば効率的に働けるということが今までの常識だった。しかし詰め込まれることによるストレスや通勤など負の要因が大きかったことに今回気付かされた。

東川町での事務所の件を社内で話をした時に反響が大きく、希望する社員が思ったより多かった。家からではなく、思い切って北海道でテレワークをすることは、まったくいままでと違う生活だ。家族にとってもよい。実は皆が求めていたことかもしれない。

林﨑現在地方が注目されているが、地方移住の課題は仕事だ。やりたい仕事、東京で得られるレベルの収入がある仕事がないということが問題だった。しかしテレワークは東京の仕事をしながら、地方に移住できる。このような環境が整えば、地方移住の可能性は大きい。地方創生テレワーク交付金など様々な支援策で地方移住などを推進していきたい。

フォト:松岡 市郎氏

松岡 市郎氏 北海道東川町長

松岡テレワークは地方にとってチャンスだ。大自然が見えるオフィスにおいて、自分の気に入った最高の椅子に座って仕事をする。新たな働き方における需要は、家具などの地元産業にもメリットが大きい。

新しいワーキングスペースは、東京のオフィスをもっていっただけではつまらない。東川の場所に合った、木の椅子やテーブルで働きたい。現状のものは家庭用で、働くという目的にあったデザインはなかった。そこで新しいテレワーク時代にあった椅子や机のデザインのKAGUコンペをやったらどうかと考えた。若い人を応援し、若い人に東川町に関心をもってもらう。需要は世界中であるはずだ。

松岡KAGUコンペにも多数の若者が国内外から応募してほしい。地方の未来は都市や企業、世界の人々と連携し、お互いに繁栄できる「共に」のまちづくりにある。企業版ふるさと納税は大きな役割を果たすものと期待し、多くの企業の皆様へ呼びかけていきたい。

ポストコロナに向けて

フォト:横田 浩一氏

横田 浩一氏
横田アソシエイツ代表取締役、慶應義塾大学特任教授

横田ポストコロナにおいて地方はどうなるか。

働き方が変わると共に住み方も変わる。東川町で新しい住み方を提案してみたい。働き方は大きく変わるが、その影響を受けて個人の住宅も変わってくるはずだ。各地域においてその場所に合った生き方、住み方、働き方を日本中で競いあう時代になる。今後日本の地方は面白い時代がくる。日本の地方は日本人が思うほどだめではない。新しい存在感を世界に打ち出せる可能性が大いにある。

林﨑地方創生は単なる町おこしではなく、日本全体に関わる話だ。東京一極集中を是正して地方に活力を持たせる。脱炭素社会、DXの流れを受けた形での地方創生を企業や自治体と協力して推進したい。東川町にはそのトップランナーとして大変期待をしている。

松岡「青い風がそよぎ渡り、若い緑が躍る」ような「適疎」なところで私だけの椅子に座り、時間を過ごす姿は美しく、写真になるもので、これが東川スタイルの一つである。「写真の町」東川町から、ポストコロナにおける暮らし文化の提言を皆様と共に連携できればと考えている。

横田本日はありがとうございました。

PROFILE

フォト:隈 研吾氏

隈 研吾
建築家 

幼少期より建築家を目指す。大学院時代にサハラ砂漠を横断、集落の美と力に目覚める。1990年隈研吾建築都市設計事務所を設立。現在、東京大学特別教授・名誉教授。

フォト:林﨑 理氏

林﨑 理
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局地方創生総括官

旧自治省入省。内閣官房内閣審議官、総務省大臣官房長、総務省自治財政局長、消防庁長官などを歴任。2020年7月より現職。

フォト:松岡 市郎氏

松岡 市郎
北海道東川町長 

東川町職員を経て東川町長。「写真文化都市」として高校生対象の写真甲子園、「東川スタイル」と呼ばれるスタイリッシュで移住者が多いまちづくりなどに一貫して取り組む。

フォト:横田 浩一氏

横田 浩一
横田アソシエイツ代表取締役、慶應義塾大学特任教授

SDGsなどのコンサルタント。慶應義塾大学SFC研究所と東川町の連携協定により東川町の地方創生に関わる。主著に『SDGsの本質』『ソーシャルインパクト』等。

北海道

写真文化首都「写真の町」東川町

フォト:東川町

東川町の概要 

北海道のほぼ中央に位置する東川町は、日本最大の自然公園「大雪山国立公園」の区域にあり、北海道最高峰旭岳(2,291m)を擁する自然環境豊かな町。また、全国的にも珍しい上水道が無く全町民が地下水で暮らす町。1985年に「写真の町」を宣言し、「文化」や「適疎」をキーワードとした多くのチャレンジにより、25年間で人口が2割増加。「ひがしかわ株主制度(ふるさと納税)」による関係人口拡大や企業連携を推進する「オフィシャルパートナー制度」など東川スタイルの構築へ様々な特徴ある事業に取り組んでいる町です。

フォト:東川町
東川町HPはこちら
フォト:東川町 家具の写真

企業版・個人ふるさと納税による
皆様との共創

東川町は「文化価値の創造」、「未来を担う人材育成」、「魅力ある風土の育成」の事業で企業等との共創事業を進めており、特に次の2事業を実現するため、企業版ふるさと納税や個人対象のふるさと納税制度による支援を募集しています。
〇「デザインミュージアム」の整備 
隈研吾氏との連携協力により、建築、家具を中心とした生活と文化の展示発信拠点として日本初のデザインミュージアム構想の実現を目指しています。
〇アイヌ映画「銀のしずく(仮)」の製作
北海道大雪山とも関係の深いアイヌ民族の文化と生活を題材とした映画「銀のしずく(仮)」の製作を菅原浩志監督との連携により進めています。

これら事業の実現へ向けて、東川町は多くの皆様と「共に」歩んでいきます。

■お問合せ:東川町役場東川スタイル課(担当:菊地、大角)Tel:0166(82)2111(代表)
Mail:brand@town.higashikawa.lg.jp

法人向けHPはこちら
ふるさと納税HPはこちら
フォト:東川町 家具の写真

「隈研吾&東川町」
KAGUデザインコンペ作品募集

北海道旭川家具の主要産地でもある東川町は、次の時代を担う若者に対して、新しい丁寧な暮らしの提案につながる「KAGU」のデザインを求めるために、建築家の隈研吾氏と共同で、『「隈 研吾 & 東川町」KAGUデザインコンペ』を新設し、現在募集しています。
東川町では、生まれた子どもに手作りの木の椅子を贈る「君の椅子」の取り組みをはじめ、家具と人があたたかな関係を築いています。木のやさしさとぬくもりあふれる家具のある暮らしから生まれる新しいライフスタイルを、美しい環境に恵まれ、家具づくりの盛んな適疎な町、東川町から多くの人々と共に育んできいきます。
初回の募集テーマは「木の椅子のデザイン」。参加資格は学生で30歳以下の方です。締め切りは3月31日(2月27日まで要事前登録)。

■お問合せ:「隈研吾&東川町」KAGUデザインコンペ実行委員会(東川町文化交流課) 
Tel:0166(82)2111(代表) 
Mail:official@kagu-higashikawa.jp

コンペ詳細はこちら
TOP