モダニティが鮮烈に輝く
女性たちのトゥールビヨン。

精緻を極めた複雑機械式時計、
フライング トゥールビヨンを
モードな感覚でグラフィカルに仕上げた
オーデマ ピゲ。
その新作はジュエリーの光輝をまとい、
羨望の視線を一身に集める。

下へ

ーデマ ピゲの最もよく知られたコレクション「ロイヤル オーク」は、八角形のベゼルが特徴的な腕時計だ。1972年に発表されたこの名作は、潜水服のヘルメットにインスピレーションを得て生まれたのだという。今ではこのベゼルの形によって、ひと目でオーデマ ピゲとわかるほどのアイコン的な存在となっている。

 新作「ロイヤル オーク コンセプト フロステッドゴールド フライング トゥールビヨン」は、複雑機械式時計の代名詞ともいえるフライング トゥールビヨンを搭載。直径38.5mmで、女性がスタイリッシュにつけられるサイズが魅力だ。

 さらに、フィレンツェの伝統的なジュエリー技法を用いた「フロステッドゴールド」の仕上げも目を引く。この仕上げは、先端にダイヤモンドを取りつけた特殊な工具でゴールドの表面を加工するというもの。ダイヤモンドダストのようなきらめきを与えられたゴールドは、ジュエリーに等しい存在感を放つ。

 また、トゥールビヨンの機構を納めたケージを中心にして、4つの円がブルーの陰影を描き出す多層構造の文字盤も印象的だ。リュウズにはカボションカットのサファイアもあしらわれている。

 この秋、オーデマ ピゲは英国のクチュールブランド、ラルフ&ルッソとパートナーシップを締結。プレタポルテコレクションでは、深紅のドレスを身につけたモデルがこの腕時計を着用し、話題となった。オーデマ ピゲは女性たちの手元をスタイリッシュに進化させる。精緻な複雑機械式時計は、もう男性だけのものではない。

610個のカットダイヤモンドと466個のカットサファイアの
圧倒的な輝きが腕元を華やかに演出する

ロイヤル オーク オートマティックの新作

 ロイヤル オーク オートマティックの新作が放つ圧倒的な輝きが話題を集めている。ダイヤルには466個のブリリアントカットオレンジサファイアがセットされ、内側から外側にむかって濃淡のグラデーションを描く。ケースとブレスレットにはサテンブラッシュ仕上げのピンクゴールドのリンクに610個のブリリアントカットダイヤモンドをセット、腕元を華やかに演出する。

ケース
ダイヤモンドセットの18Kピンクゴールドケースとベゼル、反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック
ダイヤル
18Kピンクゴールドダイヤル、グレードのオレンジサファイアをフルセット、蓄光処理を施したピンクゴールド製のアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針。
ブレスレット
ダイヤモンドをセットした18Kピンクゴールドブレスレット(サテンブラッシュ仕上げリンクを除く)、APフォールディングバックル。
セッティング
ブリリアントカットダイヤモンド610個、約7.24カラット(ケース、ブレスレット)。ブリリアントカットサファイア466個、約3.18カラット(ダイヤル)。
ケース径
41mm
価格
要問い合わせ

Special

読み応えたっぷりの
日本向け特別サイトは必見。

 今年スタートしたばかりの特別サイトは、ファッションスタイリングの提案や、専門家による新作のわかりやすい解説、ミシュラン三つ星シェフ小林圭氏へのインタビューなど、日本人に向けた独自コンテンツを随時更新。

特別サイトはこちら

ミシュラン三つ星シェフ小林圭氏

自然に囲まれたミュージアムで
時計の歴史と文化を学ぶひととき。

 自然に恵まれたスイスのル・ブラッシュは、世界的なウォッチメゾンであるオーデマ ピゲの創業の地。ここに建設中だった「ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲ」が今年、ついに開館。今秋、一般公開をスタートした。このミュージアムは、300本ものアーカイブピースを展示。1875年竣工の工房と隣接し、時計師たちの製作を見学することもできる。
 圧巻なのは建築家ビャルケ・インゲルスが設計したスタイリッシュな建物だ。ガラスを多用しているため、屋内にいながらル・ブラッシュの風景に抱かれている気分になれる。時計の歴史と文化の知識を深めることのできる、またとないミュージアムとなっている。

「ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲ」の観覧はガイドツアーのみ、事前予約制。2020年は土・日曜休館、2021年以降は日曜のみ休館。入場料20スイスフラン。予約とチケット購入はWEBサイトから。

「ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲ」の観覧はガイドツアーのみ、事前予約制。2020年は土・日曜休館、2021年以降は日曜のみ休館。入場料20スイスフラン。予約とチケット購入はWEBサイトから。

オーデマ ピゲ ジャパン オフィシャルサイトヘ

このコンテンツは2020年11月2日配布の「THE NIKKEI MAGAZINE STYLE LUXE」からの転載です。