人生100年時代のマネー いまからはじめる投資のススメ

NIKKEI PlUS10 ロゴ

BSテレビ東京(7チャンネル)
毎週月〜金、夜10時から放送中

BSテレビ東京が日本経済新聞社グループ、テレビ東京の協力で制作する報道番組。小谷真生子キャスターを中心に、多彩な解説・ゲスト陣が明日の糧となる情報とビジネスのヒントを紹介します。国内外のニュースを最前線で取材する記者が深く解説。

特集コーナーでは注目の企業トップにインタビューし、「人生100年時代」の生活・資産運用術も紹介します。明日のマーケットを占うコーナーも人気。

日経プラス10キャスター

小谷真生子

NIKKEI PlUS10 ロゴ

BSテレビ東京(7チャンネル)
毎週月〜金、夜10時から放送中

BSテレビ東京が日本経済新聞社グループ、テレビ東京の協力で制作する報道番組。小谷真生子キャスターを中心に、多彩な解説・ゲスト陣が明日の糧となる情報とビジネスのヒントを紹介します。国内外のニュースを最前線で取材する記者が深く解説。

特集コーナーでは注目の企業トップにインタビューし、「人生100年時代」の生活・資産運用術も紹介します。明日のマーケットを占うコーナーも人気。

「人生100年時代」に入った日本において、資産形成は重要だ。
新年を迎えた今こそ、自身のライフプランについて考えてみよう。

scroll
矢印

1st STEP 今こそ資産形成を考えよう!

人生を楽しむためにもお金は必要だ。
夢を実現するお金、今を豊かにするお金、将来必要なお金。
資産形成は、あなたがやりたいことを実現する近道になるかもしれない。
今こそ資産形成について考えてみよう。

小谷さんのコメント「『貯蓄から資産形成へ』といわれています。なぜ資産形成を始めた方がいいのかを、一緒に考えてみましょう。」

01 お金は「眠らせる」のではなく働いてもらおう

 現在のような超低金利では、預金をしていてもなかなかお金は増えてくれない。お金を「眠らせている」のと同じといえる。そこで「お金に働いてもらう」ことが大切だ。あなたのお金を株式や投資信託などに投資して、その投資先に頑張ってもらう。そうすることで、あなたのお金が働いてくれるのだ。

 「お金を眠らせる」のと「お金に働いてもらう」のとでは、どれだけの差が出るのか比較してみたい。下図からも分かるように、数%の違いが結果として大きな差を生む。

イメージ図
「72の法則」を知っておこう!

 72を利回りで割ることで、資産が2倍になるまでのおよその年数が分かるという法則だ。上図のような差は「複利効果」によって生まれる。利息を運用に回すことで、雪だるま式に増やすことが可能になる。

動画 資産形成の重要性について動画で見てみよう! 未来のあなたのために~人生とお金と資産形成~

動機篇

動画提供:金融庁

02 資産運用の基本は長期・分散・積み立て投資

 株や投信は値動きがあるので、買った時より価格が上がることもあれば、下がることもある。値下がりのリスクをゼロにすることはできないが、できる限り抑える方法はある。それが「長期・分散・積み立て」投資だ。

 1つの資産に投資せずに、値動きの異なる複数の資産に投資することで、リスクの分散効果が期待できる。また積み立て投資をすれば自動的に時間の分散もしてくれる。

 毎月一定額で同じ金融商品を購入していけば、その商品の価格が高いときは資産全体の価値が上がり、価格が下がったときは買える数量が多くなって保有資産が増える。さらには時間を味方にして長期で運用することで、複利効果が期待できる。

いろいろな分散と組み合わせの例
イメージ図

動画 長期・積立・分散投資について動画で見てみよう! 未来のあなたのために~人生とお金と資産形成~

知識篇

動画提供:金融庁

02 貯蓄もリスク!? 資産形成はリスクマネジメント

 「貯蓄は安全で、減るわけではないからいいだろう」と思うかもしれない。しかし例えばこの先、物価が上がるような局面になれば現金や預金の価値は目減りする。お金を貯蓄に回していると、いつのまにか価値が下がっているということになりかねない。

 そこで自身の年齢や生活設計に応じて、リスクをマネジメントしながら計画的に投資をすることが望ましい。

インフレーション(=モノの価値が上がる)
イメージ図

プレゼントキャンペーン クイズとアンケートに答えて「Amazonギフト券」10,000円分を10名様にプレゼント!

読者プレゼントクイズ

  • Q1.
    元本100万円を年利3%で複利で運用した場合、倍の200万円にするのに何年かかる?
    • A 10年
    • B 24年
    • C 33年
  • Q2.
    バブル期の平成元年から日経平均株価連動投信に毎月1万円ずつ積み立て投資した。
    30年後の現在の評価額は?
    • A 積立総額を上回る
    • B 積立総額と同じ
    • C 積立総額を下回る
  • Q3.
    平均寿命のほかに注目されている2つの寿命は、「健康寿命」と何寿命?
    • A 預金寿命
    • B 金融寿命
    • C 資産寿命

クイズとアンケートにご協力いただいた方の中から、Amazonギフト券10,000円分を10名様に抽選でプレゼントします。詳しくは日経アドネットのサイトよりご応募ください。

キャンペーンのご応募はこちらから

応募締め切り 応募締め切り

20日(日) *当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

後援

  • 金融庁
  • 厚生労働省
  • 信託協会
  • 生命保険協会
  • 全国銀行協会
  • 投資信託協会
  • 日本証券業協会
  • 日本損害保険協会
  • 日本取引所グループ
  • 日本FP協会

後援