やってみたら簡単! 大和証券でつみたてNISAはじめてみた!

 税制メリットがある資産形成手段として魅力的な「つみたてNISA」。とはいえ、投資経験のない人にとっては戸惑うことも多いだろう。つみたてNISAを始めたサオリさんの実体験を通じて、口座開設までの手順や証券会社とのやりとりの実際を紹介する。 (本コンテンツは2018年6月14日付、日本経済新聞(朝刊)で広告特集として掲載したものです)

難しそうとか、不安とかそんな気持ちも伝えてみる

ミセスサオリ:仕事と家事を両立して忙しい日々を送り、ただ今子育て真っ最中。将来のお金のことも気になる34歳。

 今年スタートしたつみたてNISA。資産づくりの手段として魅力を感じている人も多いだろう。とはいえ投資経験がない人は、金融の知識がないなどの理由で口座開設を躊躇してしまうと聞く。丸の内で働くサオリさんも、そんな人たちの一人だった。そう、だったというのは、最近、つみたてNISAの口座を開設して投資信託を始めたからだ。

 サオリさんがつみたてNISAの口座を開いたのは、産休が明けて仕事に復帰してすぐのこと。子どもが生まれたサオリさんには一定の手当てが支給される児童手当の給付がはじまったからだ。その手当を子どもの将来のために活かすには、長期で続けられそうな、つみたてNISAは最適と考えた。そこで、通勤途中でポスターを目にした大和証券に電話をかけた。

 大和証券で口座開設を行う場合は、インターネットで申し込む方法、店舗にて説明を聞きながら申し込む方法、資料請求を行い郵送で申し込む方法が用意されており、生活スタイルに合わせて選ぶことができる。そんななかから、サオリさんが選んだのは、資料を取り寄せて郵送で申し込む方法。送られてきた資料をじっくり読んだうえで申込書類を郵送し、購入する投資信託などについては、後日店頭でゆっくり話を聞こうと考えたそうだ。「自分にもできるのか」「知識はなくても大丈夫なのか」、そんな不安があったので店頭で直接話をしたかったという。

はじめての商品選び 窓口担当のアドバイス

 証券会社との取引は初めてというサオリさんにとって、人によるサポートは心強い。そのことを実感したのが、申込書類を投函(とうかん)して2日後のことだった。記入漏れや記載ミスなど、一つ一つに付箋が貼り付けられ、丁寧なコメントが書かれた書類が返送されてきたが、そのタイミングで大和証券の担当者から電話があったのだ。電話で確認しながら、書類を整え、再度投函したサオリさんのもとに、口座開設完了の案内が届いたのは、その数日後。最初に電話してからそれほど時間を要せずサオリさんは、証券会社の口座を開設できた。

 次のステップは、投資する金融商品選びだ。現在つみたてNISAの対象になっている投資信託は、いずれも積み立てでの購入に適したものになっているとはいえ、投資する資金の性格やリスク許容度は人によってそれぞれ異なる。これまで投資経験がなかったサオリさんは、つみたてNISAのこと、商品のことなど、分からないことばかり。店頭にて専門知識や顧客応対経験が豊富な担当者からアドバイスを受けたことにより、疑問を解決しながら考えをまとめることができたそうだ。フェイストゥフェイスによる応対は、その場で疑問が解決でき、じっくりと話が出来るメリットがある。大和証券のつみたてNISAでは、毎月の他、隔月や6カ月ごとなど、積み立て頻度を選択できる。サオリさんは、児童手当の支給月に合わせ、年3回の積み立てを選んだ。自由に選べる引き落とし日は、子どもの誕生日が19日なので、その日にした。

 指定のコンビニのATMから手数料なしでいつでも入金が可能なのも仕事と子育てで忙しい毎日を送るサオリさんにとってはメリットだ。つみたてNISAの非課税期間は最長20年。子どもが成人を迎えるころ、積み立て投資の成果は、どれほどになるのだろう。途中で引き出しも可能なので、教育資金としての活用も期待できる。つみたてNISAをきっかけに、資産形成についてもっと考えてみたいというサオリさん。長期にわたるライフプランを考えるうえで、大和証券が確かなパートナーになるに違いない。

  • イメージ

    step01

    口座開設は様々な方法で手続きが可能。インターネットのほか、資料を取り寄せた上での郵送手続きや、店頭で説明を聞きながらの手続きもできるので、自分に合った方法を選べる。

  • イメージ

    step02

    店頭での手続きの場合、インターネットの来店予約サービスも有効活用できる。昼休みなど都合のいい時間に、マイナンバー確認書類や本人確認書類など、必要な書類を準備し向かいたい。

  • イメージ

    step03

    店頭では口座開設手続きのほか、投資相談も行える。自身の投資経験や取引意向を伝えることで、様々なアドバイスがもらえるはずだ。

  • イメージ

    step04

    日経平均株価などの指数との連動を目指すものや、様々な資産に分散投資するものなど、中長期にわたる資産形成に適した投資信託が用意されている。じっくり話を聞いてから選びたい。

コラム

思い立ったら今すぐ
私たちも全力でサポートします!

写真

大和証券 執行役員
(営業担当 兼 本店長)
高塚峰生

 人生100年時代を迎え、低金利の環境が続く現在、将来を見据えた資産形成の必要性がますます高まっていると感じます。そのようななか、当社では金融のプロフェッショナルとして、お客様目線でのコンサルティングに努めています。

 コンサルティングを行う上で店頭応対は非常に重要です。お客様応対に従事する社員はマーケットや商品の知識の習得に加えて、研修等を通じて応対スキルの向上に取り組んでいます。店頭には証券投資未経験者の方から長年の経験者の方まで様々な方がご来店されますが、お客様個々人の状況に応じたコンサルティングを常に心がけております。ぜひ大切なご資産や将来のことをご相談いただければと思います。全国の店舗にてご来店をお待ちしています。

▲ページTOPへ