幅広い不動産投資スタイルにオーダーメイド型の融資を提供

提供:オリックス銀行

次のページへリンク

賃貸用不動産への投資資金として利用できる「不動産投資ローン」。
保証料、団体信用生命保険料が不要なだけでなく、利用要件に応じた金利の引き下げで安定的な不動産運用をサポートする。

アパート・マンション経営の魅力は毎月の家賃収入

「不動産投資の1つであるアパート・マンション経営の魅力は、毎月の家賃収入(インカムゲイン)を確保できる点です」とオリックス銀行でプライベート・バンキング部門のヴァイスプレジデントを務める金子晃治氏は強調する。家賃相場は、景気や企業業績などによって価格が日々変動する株式と比べて値動きが少ないため、賃貸不動産は長期で安定した運用が期待できる。さらに、将来の年金補完としてのメリットも見込める資産形成として不動産投資を検討するビジネスパーソンも少なくない。

一般的にアパート・マンション経営を行うには数百万円から数千万円の資金が必要になるが、金融機関の融資を活用すれば、自己資金の何倍もの価格の物件に投資することも可能だ。もちろん、大きな金額の融資を受ければ返済額も増えるため、不動産投資では慎重な投資プランの策定に加えて、できる限り有利な条件で融資が受けられる金融機関を選ぶことが重要になる。

不動産投資未経験者の融資実績が多い、収益不動産融資に特化した銀行

オリックス銀行は、オリックスグループの銀行として1998年に設立。「インフラコストを可能な限り抑え、より魅力的な金融商品・サービスを提供する」とのコンセプトのもとビジネスを展開している。メガバンクや地方銀行のような総合サービスではなく、特定分野に強みを発揮する銀行として長く収益不動産の融資に携わり、取扱う物件も区分マンションから1棟アパート・マンション、新築、中古と幅広い。「当社は、初めて不動産投資を行うお客さまへの融資実績が多く、しかもインカム収入を重視する方の比率が高いことが特徴です。また、融資基準で画一的に審査するのではなく、お客さまのお申込内容や審査結果等に応じたオーダーメイド型の融資に注力しています」と金子氏は語る。

オリックス銀行の「不動産投資ローン」は、アパートの購入・建築、投資用マンションの購入など不動産投資を目的とした資金に利用できるローンだ。年収500万円以上の方を対象に借入期間最長35年、借入金額最高2億円まで融資する。長年の知見を生かした独自の物件審査により、融資額や金利面で他行を上回る条件が提示できるケースもあるという。借りかえも対象となるため、すでに他の金融機関で融資を受けている方も相談してみるといいだろう。

さまざまな用途に利用できる「不動産投資ローン」
アパート投資をお考えの方 マンション投資をお考えの方
参考:オリックス銀行(2017年3月31日現在)

年収700万円以上の方には年2.30%のセレクトコース

一定の要件を満たす場合は、借入時点の店頭表示金利から年1.00%割引く《セレクトコース》が利用できる。2017年3月1日現在、3年固定金利特約型で年2.3%と魅力的な水準だ。借入金利が魅力的でも、その他の諸費用が追加されることで実質金利はそれほど低くない不動産投資ローンもある。

オリックス銀行の不動産投資ローンの特長の一つは、保証会社に支払う保証料とローン返済中の死亡・高度障害に備えて加入する団体信用生命保険(団信)の保険料が不要という点だ。団信は、融資を受けた人に万一のことがあった場合、ローンの残債が完済される仕組みだ。団信保険料は、金融機関が負担するケースと負担しないケースがあるため、借入金利は諸費用まで含めて比較することが肝要だ。オリックス銀行では団信保険料は同社が負担するため、団信付保で年率2.30%の《セレクトコース》は魅力的という声が多いという。さらに、投資家が資産管理会社を設立した上で投資用不動産を所有する場合にも、法人融資の基準ではなく、個人と同等の借入条件で審査が受けられる点や、資産管理会社の場合でも団信が付保できる点も見逃せない。

オリックス銀行の営業拠点は、東京、大阪、福岡の三拠点だが、顧客の居住地に制限を設けていないことも、利用する側にとってのメリットだ。「契約時にはご来店いただいたり、国内にご家族等がお住まいであることなど所定の要件がありますが、一時的な海外転勤の方なども利用できます」と金子氏は説明する。

一方、借入対象不動産の所在地は、原則、首都圏(埼玉・千葉・東京・神奈川)、近畿圏(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)、名古屋市、福岡市としている。

融資の相談は、インターネットかフリーダイヤルで受け付けている。「物件評価など大まかな方針を示すまでに1週間程度、ほぼ1カ月以内には融資を実行することができます」(金子氏)。そのため、即断が求められる人気の高い物件の購入でも力を発揮する。これから不動産投資を始めるビジネスパーソンや、できるだけ有利な条件で融資を受けたいと考えている人は、オリックス銀行に相談するといいだろう。

背景 Part2|所在地、構造、築年数不問の投資経験者向きローン(次のページへリンク)