熊谷康正
1966年生まれ、大阪府出身。大学を卒業後、日立製作所に就職。開発職に配属され、システム開発やソフト開発に携わる。その後クマガイ電工に入社し開発部門に配属。回路や図面作製を猛勉強し、下積み時代を経て社長に就任。現在も代表自身、数々のヒット商品を生み出し続けている。
http://www.kumagai-dk.jp/

INTERVIEW

私たちのような零細企業は、大手と同じものを作っても生き残っていけません。大手の仕入れ力や販売力にはどうあがいても勝てないので、ニッチな分野に切り込んで独自の製品を生み出していきたいですね。大手には取るに足りないような数字でも私たちにとっては大きな売り上げになるような隙間の市場を見つけて展開していくことがカギになると思っています。ありがたいことに、熱器具関係で困ったらうちを頼ってくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。「この分野ならクマガイが一番」を、うちで扱うすべての製品で目指したいですね。

幼い頃から体に染み込んだ「ものづくり」の精神

熊谷康正

クマガイ電工は、私が生まれる少し前に父が立ち上げた会社です。最初は電気部品の加工をなりわいとしていて、ものづくりが好きな父はいつも現場で汗を流していました。私も幼い頃から父に連れられて工場へ顔を出していたので、工場は遊び場のようで、工場の機械音が子守唄代わりだったりもしました。簡単な工作機械の操作を教えてもらいながら、ものづくりが自然と体に染み込んでいった感じです。父が作業の効率化とコストダウンのための創意工夫を重ね、オリジナル商品を生み出し次第に会社は大きくなっていきました。小さな貸し工場から自社工場へと移っていく過程を、父のそばで見ながら大人になりました。

大学を卒業すると、大手家電メーカーに就職しました。ものづくりの現場を希望したものの、配属されたのは開発職。現場とは違うけれど、一からものを作り出す楽しさや喜びを得ることができましたし、開発もまたものづくりの一部なのだと気づきました。大手は華やかな仕事をしているように思えますが、実際は地道な作業の繰り返しです。段階ごとに検証して正当性を認めてから次のプロセスへ移行します。一つひとつの製品をとても丁寧に作っているんです。家業とは違う大手のものづくりを間近で見ることができたのは大きな収穫でした。

父との約束で、4年でメーカーを退職し実家に戻り家業に入りました。学生の頃は休暇中に実家の工場でアルバイトをしたので、当時から顔なじみの従業員もたくさんいて我が家へ帰ってきたような感じでしたね。ちょうどクマガイは大手の下請けだけではなく自社ブランドも立ち上げ、水槽の温度コントローラーやバス保温クリーナーを開発して販売が軌道に乗り出したところでした。自社で開発し作り上げた製品が店舗に並ぶ姿を見るのはうれしいものですが、同時に不安もありますね。もちろん自信を持って作っているのですが、「本当にきちんと動いてくれるだろうか」「長い期間お客様の役に立つだろうか」と祈るような思いでいつも眺めます。どんなメーカーにも初めから完全無欠な製品というのはありません。クレームがあれば次の製品にフィードバックさせるということを繰り返しながら、完成度を高めお客様に満足していただける商品を作り続ける。それがメーカーの宿命であり、その積み重ねが新製品を生み出す原動力にもなるのだと思います。

  • 熊谷康正
  • 熊谷康正

品質への飽くなきこだわり

資金力のない小さな会社では、ひとつ問題が発生すれば死活問題になり得るのです。だからこそ父は妥協なく品質を追求してきましたし、私もその思いを受け継いでいます。会社全体にもそのマインドが醸成されていると思いますね。これはお客様はもちろん、会社を守るためでもあります。二重にも三重にも安全を考慮しながらの設計、開発を徹底しているので、うちでは900ワットという大容量のヒーターを使った製品も扱いますが、今まで一度も大きな事故は起こっていません。

社長に就任した2008年は、マイクロカーボンファイバーヒートという素材を使った電気の力を使って加熱する手袋やソックスなどウエアの部門を立ち上げて、急速に伸び始めたところでした。ウエアもそうですが、熱器具を多く扱うので商材がどうしても冬物に偏るんですよね。年間通して使える製品や夏物の開発が今後の課題だと思っています。世の中のあらゆる製品を目にして手に取って感性を磨いて、新製品を生み出せる環境づくりを会社全体でしていきたいですね。

これからも企業理念『信頼と独創』の精神の下、お客様が笑顔になるようなものづくりのために妥協なく品質を追求したいですし、私たちの製品を販売してくださる方々も含めて、クマガイ電工への信頼度を上げていきます。これまでの蓄積された技術力や新製品への新たな研究、開発の取り組みなどを総合評価いただき、その成果として2011年大阪ものづくり優良企業賞『特別賞』を授かったことは大きな自信となっています。現状に満足して変化を求めなければ衰退を招きます。若い皆さんも、変化を恐れずにチャレンジしてください。そして情熱を持って物事に挑んでください。情熱は未来への希望です。

ページの先頭へ