2017 Winter Selection 春の新築分譲マンション&一戸建て セレクション特集2017 物件一覧
首都圏マンション供給事情
首都圏一戸建供給事情
多様化する住まい方への対応が進む首都圏分譲マンション 都心をはじめ立地ポテンシャル・アクセス性などに注目が集まる物件や、快適で心地よい暮らしを創造する、さまざまな大規模開発にも着目したい
住まいを求める人のニーズが多様化する昨今、分譲マンションも進化する。魅力的な立地や特長ある商品特性を、それぞれの物件で見ていこう。

「プラウド神楽坂マークス」 地上13階、地下1階、総戸数41戸。エントランス完成予想図(※)

プラウド東陽町サウス

「プラウド東陽町サウス」
地上11階、総戸数97戸。外観CG完成予想図(※)

プラウド浦和常盤サンクアージュ

「プラウド浦和常盤サンクアージュ」
地上15階、総戸数88戸。外観CG完成予想図(※)

洗練と利便の都市生活を享受 大規模物件にも人気が集まる

 都心にありながら、和の情緒と風情、モダンと多国籍文化など様々な魅力が満ちる神楽坂。その神楽坂の真髄に触れられる場所で、この春、野村不動産の「プラウド神楽坂マークス」全41邸(非分譲住戸3戸含む)が始動する。都営大江戸線牛込神楽坂駅へ徒歩3分、東京メトロ東西線神楽坂駅へも徒歩6分。東京を自在に楽しむ利便性も素晴らしい。

 東京メトロ東西線東陽町駅から徒歩4分では、全97邸の「プラウド東陽町サウス」もスタート。大通りから一本奥まった閑静な場所で、南側は東陽図書館の広場に面する開放的な環境。東京メトロ東西線大手町駅へ直通9分(※1)、日本橋駅へ直通7分(※2)とアクセスも良い。

 多彩な大型商業施設や県の行政施設が集積する埼玉の中枢・JR京浜東北線浦和駅徒歩9分(※3)に誕生する「プラウド浦和常盤サンクアージュ」。周辺には多くの公園があり、文教都市としての教育環境も整う。ゆとりある住空間や生活動線にこだわった居住性能も永住にふさわしい。またさいたま市浦和区高砂、南区南浦和にも物件がそろう。

 都心部では江東区清澄、文京区千駄木、北区中里でも物件の供給が始まっている。大規模では、善福寺緑地(徒歩1分・D街区から約60m)に隣接する総戸数575邸の「プラウドシティ阿佐ヶ谷」、JR中央線三鷹駅徒歩10分、全334邸が南東・南西向きの「プラウドシティ武蔵野三鷹」の魅力が光る。

開放感に恵まれた大規模開発や 都心の風格に満ちた物件

 三菱地所レジデンスが手がける総開発面積1万7000m2超・全468邸の大規模開発「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」。西武新宿線花小金井駅から徒歩7分(※4)に登場する。同駅から西武新宿駅へは直通23分(通勤時25分)(※5)とアクセスも快適。周囲は第一種低層住居専用地域で、6階建ての開放感が心地よい。また、同駅徒歩4分の花小金井一丁目で全124邸も販売中だ。

ザ・パークハウス 花小金井ガーデン(Ⅱ街区)

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン(Ⅱ街区)」
Ⅰ街区:地上6階、Ⅱ街区: 地上6階、総戸数468戸(Ⅰ街区:237戸、Ⅱ街区:231戸)。Ⅱ街区外観CG完成予想図(※)

 同じく西武新宿線の上井草駅から徒歩5分の第一種低層住居専用地域では、スタイリッシュな低層レジデンス「ザ・パークハウス 杉並上井草」が誕生。ゆとりある敷地に緑に囲まれた住棟がゆったり配置され、上質な気品を感じる。

 都心では皇居にも近い千代田区三番町に建つ全24邸の「ザ・パークハウス 三番町テラス」に注目したい。南傾斜の高台の二方道路角地に建つ開放性、ワンフロア2邸のプライバシー、洗練と重厚さを実現する外観デザインが、三番町アドレスにふさわしい風格を漂わせる。

ザ・パークハウス 杉並上井草

「ザ・パークハウス 杉並上井草」
地上3階、地下1階、総戸数62戸。外観CG完成予想図(※)

ザ・パークハウス 三番町テラス

「ザ・パークハウス 三番町テラス」
地上14階、総戸数24戸。エントランス完成予想図(※)

 再開発が進む日本橋エリアでは全152邸の「ザ・パークハウス日本橋大伝馬町」が、また東京メトロ有楽町線江戸川橋駅徒歩4分でも物件が展開中。大規模では京王線芦花公園駅徒歩6分(※6)で全389邸の「蘆花公園 ザ・レジデンス」、横浜市戸塚区の全237邸などがそろう。JR立川駅徒歩8分、小田急線町田駅徒歩5分など駅へのアクセスが良い物件にも着目したい。

ブリリアタワー代々木公園クラッシィ

「ブリリアタワー代々木公園クラッシィ」
地上19階、地下1階、総戸数195戸。外観CG完成予想図(※)

ブリリア本郷レジデンス

「ブリリア本郷レジデンス」
地上15階、総戸数28戸。エントランス完成予想図(※)

代々木公園間近のタワーや 都心永住型物件が登場

 この春東京建物が販売をはじめる物件で、まず取り上げたいのは、代々木公園徒歩5分(約400m)、全195邸の免震ランドマークタワー「ブリリアタワー代々木公園クラッシィ」だ。東京メトロ千代田線代々木公園駅、小田急小田原線代々木八幡駅から徒歩2分の立地に加え、東京の夜景が目の前に広がるプライベートテラスやアートラウンジなどが快適な都市生活を演出する。

 もう一つの注目が「ブリリア本郷レジデンス」。東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅徒歩4分に建つ、全邸角住戸・3LDK・70m2台のレジデンスだ。大通りから一歩奥まった閑静な二面接道の住環境、大手町駅まで東京メトロ丸ノ内線で直通5分のアクセスの良さは、都心永住にふさわしい。

 都心エリアでは港区高輪、東京メトロ有楽町線江戸川橋駅徒歩5分の文京区水道二丁目で、23区内では練馬区石神井台、都下ではJR中央線八王子駅徒歩4分で物件を供給。また川崎市宮前区鷺沼一丁目や、京急本線仲木戸駅徒歩1分、JR京浜東北線・根岸線東神奈川駅徒歩2分で駅直結の全110邸の制震タワーがスタートした。

いよいよ始動の超高層物件はじめ 利便性と緑に恵まれた物件

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト

「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」
総戸数503戸。建物入り合成CG完成予想図(※)

 三井不動産レジデンシャルを筆頭とする全7社が千葉市美浜区若葉3丁目に首都圏最大級プロジェクト(※7)となる「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」をスタートさせる。壮大なプロジェクトへの期待は高い。

 千葉県内では、JR京葉線快速停車検見川浜駅徒歩7分で総戸数545邸、つくばエクスプレス流山セントラルパーク駅徒歩4分で総戸数341邸の物件が展開中。都下では、新宿駅へ直通22分(※8)、JR中央線始発利用可能駅武蔵小金井駅徒歩11分の「パークホームズ武蔵小金井緑町」が、神奈川県では再開発で進化する戸塚駅前に駅徒歩4分(※9)、南向き・南西向き(※10)の全116邸の「パークホームズ戸塚ステーションプレミア」が供給される。

 清水総合開発の「ヴィークステージ南馬込 桜並木通り」は都営浅草線始発駅西馬込から徒歩8分。京王線国領駅から徒歩3分の駅近では、伊藤忠都市開発が全163邸・全邸南西向きの「クレヴィア調布国領レジデンス」を展開。東急不動産はJR横浜駅徒歩6分の、まさに横浜の中心といえる場所で総戸数210邸の「ブランズ横浜」を販売中。

 外出が楽しくなる快適な季節、意中の物件を訪れて検討してみてはいかがだろう。

  • ※完成予想図は計画段階の図面を基に描いたもので建物の形状・色などは実際とは異なります。また、植栽は実際に植樹する樹形、枝ぶり、色合いとは異なる場合があり、特定の季節の状況を示すものではありません。
  • ※掲載の分数は、それぞれの物件からの距離で、地図上で測定した距離を基に、徒歩80m/1分で算出しています。(端数切上げ)
  • ※総戸数は物件全体の戸数です。
  • ※表示の所要時間は日中平常時もので時間帯により異なります。また、乗り換え・待ち時間などは含まれておりません。
  • (※1)東京メトロ東西線直通利用(通勤時11分)。
  • (※2)東京メトロ東西線直通利用(通勤時9分)。
  • (※3)アトレ北口より。ICカード専用、利用時間7:00~24:15。西口から10分。時間は「プラウド浦和常盤サンクアージュ」サブエントランスまで。
  • (※4)西武新宿線「花小金井」駅南口からⅠ街区サブエントランスまで徒歩7分、Ⅱ街区エントランスまで徒歩8分。
  • (※5)西武新宿線急行利用。
  • (※6)「芦花公園」駅(南口)まで、北敷地より約430m/徒歩6分、南敷地から約510m/徒歩7分。
  • (※7)1995年以降に販売された分譲マンションの敷地面積では首都圏(1都3県)で最大級となります。対象期間1995年~2016年12月15日までのMRC調査・捕捉分に基づく分譲マンションデータによる(2017年MDM 1月号)データ資料:㈲エム・アール・シー 2017年2月現在
  • (※8)JR中央線快速利用、「三鷹」駅で中央特快利用(通勤時29分)。
  • (※9)JR東海道線・湘南新宿ライン・横須賀線・横浜市営地下鉄ブルーライン。
  • (※10)116戸中、南向き70戸・南西向き37戸。