投資信託セレクション NISA特別版

 

今年の夏は忙しくて夏休みを取れなかったファン太くんとファン子ちゃん。10月に遅めの長期休暇を取って、海外旅行をする計画を立てています。今まで行ったことのないエリアに足を延ばしたいファン太くんに対して、行き先はお任せにしたいというファン子ちゃん。お互いの旅行感の違いが、なぜか資産運用の話に発展していきました。
インデックス型の特色は手数料の低さと 値動きの幅が市場平均を超えない安定性

とある旅行会社にて……

ファン子ちゃん 10月の中ごろに2人で海外旅行をしたいんですけど、今お勧めの旅行先はどこでしょうか?

旅行会社店員 この時期なら比較的安く行けますので、ヨーロッパか、時間が許せば南米へ行ってみるのもいいかもしれませんね。

ファン太くん 南米といえばブラジルだよね。イグアスの滝、一度でいいから見てみたいなぁ。

ファン子ちゃん えーっ! イグアスの滝なんて、サンパウロまで飛行機を乗り継いで、また乗り継ぎでしょ。ちょっと遠すぎるわよ。私はあまり海外旅行の経験がないから、もっと近いところで、できれば観光スポットも最初から決まっているプランの方がいいな。

ファン太くん 確かに今回は時間が足りないかも。残念だけど、南米はあきらめよう。10月だとヨーロッパは少し寒そうだから、アジアにしようか。インドなんてどう? ガンジス川で身を清めるなんて一度でいいからやってみたいなぁ。

旅行会社店員 ……お客様はあまり海外に慣れていらっしゃらないようなので、アジアでしたら上海や香港、タイ、ベトナムなどがお勧めかと……。この時期ですと、こちらの3泊4日のプランをご用意できますよ。

ファン子ちゃん ほら、店員さんもそう言っているんだし、今回はタイにしましょうよ。あっ、ベトナムもいいかも。食べ物がおいしいって友達が言ってたわ。

ファン太くん 分かったよ。じゃあベトナムにしようか。ただ旅行会社にお任せするのは飛行機のチケットとホテルだけで、あとは自由に現地を巡りたいな。僕はあらかじめ決められた場所に行くより、見たい場所を自分で選んで気ままに行動するのが好きなんだ。

ファン子ちゃん そういえば、この前NISA(少額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出年金)で運用する投資信託を検討していたときも、市場平均を上回る成長を目指す「アクティブ型」を選んでいたわね。私は結局、安定性と手数料の低さを重視して、大半を市場平均への連動を目指す「インデックス型」で運用しようと考えているけど、旅行先選びにも性格が表れるものね。

ファン太くん 確かにインデックス型は運用管理費用などの手数料が相対的に低い。でも、運用成績は市場平均を超えられない事実もあるよね。特にインドやベトナムのような新興国では、企業の質は玉石混交だろうから先進国以上に銘柄選びが重要だと思う。たとえ相対的に高い手数料を支払ったとしても、それすら上回る運用成果を期待しているんだよね。

旅行会社店員 口をはさんで恐縮ですが、成長に期待したい気持ちは、自分もすごく分かりますよ!

値動きが大きい傾向のアクティブ型 長期の積み立て投資なら値動きはメリット

旅行会社店員 私は仕事柄、先進国と呼ばれる国々から、いわゆる新興国まで、世界中の様々な場所を訪問しているのですが、どんな国にもそれぞれの魅力がありますよね。しかも同じ国でも、たった10年かそこらで風景ががらりと変わることがあります。これが経済成長か、とつくづく実感させられます。だから私も、NISAやiDeCoなどを通じて、多数の国の資産に投資しています。経済成長の恩恵を得られないなんてもったいないですから。

ファン太くん そうですよね。やっぱり長い目で見たら、海外の成長力に期待したくなります。例えばインドの場合、過去にはIT(情報技術)や製薬といった特定の産業が大きく成長したことがあるし、海外に頻繁に出向くと、そうした変化を実感できるんでしょうね。

ファン子ちゃん でも、新興国はどうしても経済基盤が先進国より弱くて、政治リスクもあるし……。先進国だってリーマン・ショックや欧州債務危機のようなことが起きますよね。何かのきっかけで市場全体が沈んだときに、もし銘柄選択が裏目に出たら資産価値は大幅に下落してしまう。そう考えると、やっぱりインデックス型を選んでおいた方が安心な気がするわ。

旅行会社店員 そこは運用する方の目的に合わせて使い分ければいいと思いますよ。値下がりが不安な人と、少々の値下がりを受け入れられる人、それぞれに適したやり方があるのではないでしょうか。ただ、値動きが大きい投資信託でも、例えば毎月一定の金額を投資する積み立て投資であれば、長期的には値動きの大きさはむしろメリットになると思います。

ファン太くん iDeCoの商品ラインアップはかなり豊富だけど、さすがに国ごとの株式や債券のアクティブ型ファンドは少ないから、そうした投資信託を運用する場合はNISA口座を利用してもいいわけだし、特定口座や一般口座を使えば、いくらでも世界中に分散投資ができると思うよ。

忙しい人にはバランス型も有効 アクティブ型の運用は定期的な見直しが大切

ファン子ちゃん 私はやっぱりインデックス型か、複数の資産に適切な配分で投資する仕組みのバランス型がいいかな。最近は、いくつかのインデックス型を組み合わせて、バランス型に似た運用ができる仕組みの投資信託も増えてきたようだし。

旅行会社店員 私はアクティブ型の投資信託を中心に運用しているのですが、時間がたつと資産配分がずれて、見直しが大変です。そうした手間がかからないバランス型は、忙しい方にはとても合うと思います。海外旅行でいえば、観光地もレストランもすべてお任せのパックのようなものですね。

ファン太くん 僕はむしろ、自分で資産配分を見直しながら運用戦略を考えていきたいと思います。いろいろな国のアクティブ型の投資信託を保有して、定期的に実績をチェックすることで、それぞれの国の経済動向を知るきっかけにもなりますから。でも、投資も海外旅行も初心者のファン子には少し難しいから、「お任せ」のプランの方が今回はいいと思います。

ファン子ちゃん そうね。じゃあ今回は店員さんが勧めてくれたベトナム3泊4日のツアーで、行き先もすべてお任せってことでいいよね。

ファン太くん 分かった。じゃあインドは近いうちにこっそり1人で行くことにするよ。

ファン子ちゃん 変なところでアクティブなのよね、ファン太は。

第11回「2018年1月、「つみたてNISA」がスタート!」に続く

監修:畠中雅子さん(ファイナンシャル・プランナー)

イラスト:つぼいひろき

これまでの記事
NISA基礎知識 これがNISAだ!
投資信託セレクション