投資信託セレクション

最新コラム顧客へ最善を尽くしているかの尺度として重要な フィデューシャリー・デューティー
青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 教授 北川 哲雄氏

金融庁は、資産運用改革の旗印として「フィデューシャリー・デューティー」を掲げました。従来、「受託者責任」とも訳されましたが、保険や証券、信託銀行、メガバンクなど金融系列の運用会社が多い国内において、これまでどちらかといえば利益相反を防ぐための手段として強調されてきました。ここへきて金融庁は……

 

 

投資信託セレクション/NISA特別版

コラムバックナンバー

世界の金融情勢、
投資信託の最新動向や
注目すべきポイントなどを専門家が解説