パンフレットの見方Q&A

パンフレットを見てもどんな保険かイメージできない…
そんなあなたに。

入院給付金日額とは何ですか?

支払い対象となる入院をしたときに、1日の入院に対して支払われる金額を入院給付金日額といいます。民間医療保険の保障の柱となる部分で、基本的に入院をしないと給付は受けられません。

商品広告などではモデルプランがいくつか出ていますが、必ずしもモデルプランの中から選ばなくてはならないわけではなく、保険会社が定めた最低加入日額から最高加入日額までの範囲で個々に設定することが可能です。ただし、年齢や職業によっては加入できる範囲が狭くなることもあります。たとえば、加入範囲が日額2,000円から日額20,000円と設定されていても、無職の場合は10,000円が限度とか、所定の年齢を超えると15,000円が限度など。

また、特約として女性疾病入院特約や生活習慣病入院特約、がん入院特約などが付いていると、各特約の入院給付金日額が上乗せされます。たとえば、主契約部分であるケガや病気の入院が5,000円で、女性疾病入院給付金日額5,000円が特約として付いていたとします。この人が子宮筋腫の治療のために入院した場合、主契約部分の5,000円と女性疾病入院特約部分の5,000円、合わせて10,000円が入院1日あたりの給付金日額です。

ケース


入院給付金は「入院」を保障するものですから、入院をせずに通院だけでお金がかかるという事態に備えて、医療保険だけではなく貯蓄も併せて準備しておくことも大切です。

企業からのお知らせ information

PR広告