告知書の見方Q&A

いざ、加入する際にドキッとしないために。
申込書、告知書の書き方をチェック!

契約告知書の見方Q&A

もし、病歴や入院歴があったらどうなるの?

告知書には現在だけでなく、3カ月前、過去2年以内、過去5年以内と、過去の病歴や健康状態を尋ねる項目があります。例えば、質問内容は次のようなものです。

  1. (1)最近3カ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか。またその結果、検査・治療・入院・手術をすすめられたか。
  2. (2)過去2年以内に健康診断、がん検診、人間ドックを受け、異常を指摘されたことがあるか。
    *健康診断等を受けていない人は「受けていない」にチェックします。また、会社によっては、所定の臓器を示し、その臓器における異常や検査結果の異常を指摘されたかどうかを尋ねる内容になっていることもあります。
  3. (3)過去5年以内に病気やケガや検査で継続して7日間以上の入院をしたことがあるか。
  4. (4)過去5年以内に病気やケガで手術を受けたことがあるか。
  5. (5)過去5年以内に所定の病気で医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか。
    *別表にて示された「心臓・血圧の病気」「脳・精神・神経の病気」などに該当するかどうかを確認します。
  6. (6)過去5年以内に(5)における別表に示された病気以外の病気やケガで7日間以上にわたって医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがあるか。

これらの質問に「はい」と答えた場合、傷病名や手術名、受けた期間、現在の状況などを記載する欄がありますので、さらに詳細に答えていきます。

申し込みを受けた保険会社は告知内容を精査し、標準的な内容で契約を引き受けるか、特別条件を付けたうえで契約を引き受けるか、あるいは契約を断るかを判断します。

例え「はい」の項目があっても、現在完治しており、とくに再発を繰り返すようなものではないと保険会社が判断すれば、通常通り契約は成立します。一方、「特別条件が付く」とは、病気をした部位に関しては保障されないなど、保障内容に制限が付くこと。例えば、胃の病気で治療等を受けていた場合、胃や十二指腸に関する病気は保障されないなどです。ケースによって、特別条件が契約期間中ずっと適用されることもあれば、条件が付くのは保険会社が決めた期間だけで、その後は通常通りの保障が得られることもあります。

なお、通信販売で加入するタイプの医療保険では、保険料を割安に設定する代わりに、質問項目に一つでも「はい」があると契約できないシステムになっているものもあります。

企業からのお知らせ information

PR広告