自分がケガをした

 

交通事故でのケガや死亡、生命保険や医療保険からも保険金を受け取れる?

自動車事故でケガをしたり死亡したら、自動車保険からだけでなく生命保険や医療保険からも保険金を受け取れるのでしょうか?

自動車保険には、対人賠償保険や対物賠償保険といった“他人のため”の補償のほか、自身が被ったケガや車の破損を補償する“自分のため”の補償があります。

自動車事故で死傷した場合、事故の相手に過失があれば相手方からの賠償金を受け取ることになり、さらにケースによっては自分の自動車保険から、人身傷害補償保険金や搭乗者傷害保険金などが支払われます(これらを契約している場合に限ります)。

このように交通事故による損害では、相手方さらに自分の自動車保険から、個々のケースに対応する保険金を受け取ることができます。

一方、多くの人が加入している生命保険や医療保険はどうでしょうか。こちらについては相手方からの賠償金や自分の自動車保険とは別に保険金を受け取れ、その賠償金と保険金が相殺されることもありません。

この他にも交通傷害保険の補償、あるいは共済契約の中にも、交通事故を手厚くカバーする商品などがあり、自動車保険とは別に保険金や共済金を受け取ることができます。

つまり、交通事故による自身の死傷については、複数の保険契約から保険金などが支払われ、結果的には実際に生じた損害を上回るほど手厚くカバーされるケースもあるということになります。

しかし、私たちが損害を被るリスクは、自動車事故だけではないので、無駄なく効率よくリスクをカバーできるよう見直しも必要です。まずは、想定されるリスクとそれに対応する保険を洗い出し、カバー対策の偏りを確認してみましょう。

現在の保険の状況を具体的に確認し、補償の重複を解消すれば、万が一の時の保険金の請求漏れを防ぐことにもつながります。また、重複した補償をカットすれば、保険料負担を抑えることもでき、家計のメリットも大きいのです。

»  任意自動車保険「他人のための賠償保険」はこちら
»  任意自動車保険「自分のための補償(ケガ)」はこちら
»  ライフイベント別選び方「自動車事故で死亡保険金を受け取ったら、生命保険からは受け取れない?」はこちら

企業からのお知らせ information

PR広告